部門紹介
看護部 診療放射線課.gif rinsyou_button_sinkoga.gif
riha_button_sinkoga.gif eiyou_button_sinkoga.gif rinsyoukougaku_button_sinkoga.gif 地域医療連携室

天神会臨床検査課のご紹介

各病院の臨床検査課の紹介

 
 臨床検査課理念
     
  天神会臨床検査部の理念・行動目標[1].jpg  
     

 臨床検査課統括課長あいさつ
倉重 康彦.jpg

 

診療支援部 臨床検査課 統括課長 倉重康彦


 

 社会医療法人天神会臨床検査課は、総勢 60名以上の臨床検査技師を新古賀病院新古賀クリニック古賀病院21の3施設に配属し構成されています。天神会の理念である「人々の生涯を支援する医療」を実現するため、「信頼される臨床検査の確立」を臨床検査課総意の理念としました。そして我々は、患者様や各診療科・部門スタッフから信頼されるために人材育成に力を注いでいます。それぞれの臨床検査の分野でスペシャリストであるべく学会認定資格を率先して取得する一方、専門外の検査業務にも継続的かつ積極的に取り組む姿勢を忘れず日々業務に取り組んでいます。また、施設間もしくは部門間でジョブローテーションをすることで情報の共有と質の向上およびリーダーの育成を行っています。診療の場に迅速かつ正確な情報を提供し常に患者中心の医療を第一考え自己研鑽を積んで参りたいと考えていますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 スタッフ構成

 

スタッフ人数 (2015年5月1日現在)

  資格認定者数 (2015年5月1日現在)
 医師

2名

 臨床検査技師

66名

 看護師  4名
 受付事務  3名

計75名

 

 日超医認定超音波検査士(循環器)

20名

 日超医認定超音波検査士(消化器)

20名

 日超医認定超音波検査士(体表)

2名

 日超医認定超音波検査士(泌尿器)

2名

 日超医認定超音波検査士(検診)  1名
 日本心エコー図学会認定超音波専門技師  1名
 日本脳神経超音波学会認定脳神経超音波検査士  1名
 認定心電検査技師

5名

 日本睡眠学会睡眠医療認定検査技師  2名
 細胞検査士

7名

 国際細胞検査士

 5名

 認定臨床微生物検査技師

1名

 感染制御認定臨床微生物検査技師

1名

 認定一般検査技師

 1名

 日本糖尿病療養指導士  4名
 NST認定臨床検査技師 1名
 診療情報管理士 1名
 2級臨床検査士(循環生理学)

10名

 2級臨床検査士(血液学)

3名

 2級臨床検査士(微生物学)

 1名

 緊急臨床検査士

5名

 出身校・所属学会 

 

出身校(2015年3月1日現在)

 

所属学会(2015年3月1日現在)

   ・

久留米大学医学部附属臨床検査専門学校

 

   ・

日本臨床衛生検査技師会

   ・

美萩野臨床医学専門学校

 

   ・

日本超音波検査学会

   ・

九州大学

 

   ・

日本超音波医学会

   ・

熊本保健科学大学

 

   ・

日本心エコ-図学会

   ・

熊本大学

 

   ・

日本心臓リハビリテーション学会

   ・

大分臨床検査技師専門学校

 

   ・

日本脳神経超音波学会

   ・

九州総合学院 九州医学技術専門学校

 

   ・

日本乳腺甲状腺超音波医学会

   ・

山口大学

 

   ・

日本心電学会

   ・

川崎医療短期大学

 

   ・

日本臨床細胞学会

   ・

鳥取大学

 

   ・

日本静脈経腸栄養学会

   ・

神戸学院大学

 

   ・

日本計量生物学会

   ・

麻布大学

 

   ・

The International Biometric Society

                                           (順不同)

 

   ・

日本臨床微生物学会 

 

 

 

 


 

   ・

日本感染症学会

             ・

日本睡眠学会

             ・ 日本環境感染学会

 

 

 

 

 

 

 

(順不同)

 スタッフの声
新古賀病院 病理検査 新古賀クリニック 生理機能検査
 検査技師として働き始めてから二年半が経ちます。入職当時は自分の失敗が目立ち、仕事が上手く出来ないことに悩んだ時期もありましたが、その度に心強い先輩方が励まし丁寧に教えてくださいました。次第に仕事にも慣れ、昨年、目標としていた細胞検査士の認定資格を取得しました。資格を得たことで幅広い知識がさらに必要であることを感じ、日々業務を遂行しています。  私は生理機能室所属で、主に超音波検査を担当しています。医療の世界は日進月歩でめまぐるしく変化しているため、就職後も自己研鑽が必要ですが、とてもやりがいのある仕事です。
 入職して10年になりますが、就職当時からずっと感じていることがあります。それは、「当検査課は、アットホームな雰囲気で働きやすい環境だな」ということです。私は人見知りな性格ですが、同世代の先輩達が温かく迎え入れてくれ、すぐに打ち解けることができました。今では、切磋琢磨しながら互いに成長し合える良い仲間です。
 さらに当院は、医師を含めた職種間の垣根が低いため、横のつながりを築きやすく、業務を超えた交流もできます。私はスノボが好きで、シーズンになると検査室のスタッフだけでなく、他職種の人達とも一緒に滑りに行ったりしています。また、週1で開催されるバレーボールの練習にも参加したりしています。
 共通の趣味を通じて、業務の中では関わりが少なかった職種の方達とも知り合いになることができました。そんな環境のもと、オン・オフともに充実した日々が過ごせています。
kenshin2[1].JPG
新古賀病院 検体検査 副主任 画像 002.jpg
 産休、育休をいただき、職場復帰をしました。
復帰が近づくにつれ、早く復帰したいという気持ちと仕事と育児の両立、仕事をこなせるだろうかという不安が入り混じった日々でした。色々と考え、家族・所属長・職場のスタッフとも相談し、時短勤務でスタートすることにしました。また「あかつきナーサリー」という託児所が病院施設内にあることも復帰への後押しとなりました。
 初めは戸惑いや不安、迷惑をかけることもありましたが、沢山の人達の助けや優しさで今でも仕事を続けられています。ありがとうございます。
 まだまだ仕事と家庭の両立は課題の1つではありますが、頑張っていこうと思っています。
新病院 生理機能[2].JPG

 

新古賀病院 生理機能検査 副主任
   私は新古賀病院に入職し13年が経ちました。
 臨床検査課では、患者様の生の声を聞き、検査を行ない、それを臨床に活かし、速やかな治療へ結びつける役目をさせていただいております。
 特に私は生理機能部門に所属しておりますので、通常の生理機能検査に加え、心臓カテーテル業務や手術室での術中モニタリングなど、検査学校では習得し得なかった経験もさせていただいており、活躍場は幅広く、勉強すればするほど幅が広がり、充実した毎日を過ごしています。何でも経験でき、学会活動も活発で、切磋琢磨できる環境です。
古賀病院21 検体検査 副課長 21.JPG
 検体検査を担当して30年以上過ぎました。長いようであっという間だった気がします。色々な出会いや別れ、たくさんの思い出が出来ました。古賀病院に入職した当時の臨床検査部は20人ほどでしたが、現在では3施設あわせて70人以上の大家族になっています。3施設合同でのローテーションや勉強会、年に数回の宴会もあり全てのスタッフとのコミュニケーションも気軽に行っています。また、医師、看護師をはじめ他職種との交流も盛んです。皆さん、一緒に仕事してみませんか?お待ちしています。
  • ボランティア募集 |
  • 個人情報保護方針 |
  • 関連リンク |
  • サイトマップ |
  • 当サイトご利用にあたって

このページのトップへ

Copyright(C) 1999-2010. Tenjinkai.All rights.reserved.