骨関節センター

  当センターは九州大学整形外科の関連病院として、チーム医療を行っております。一般外傷から人工関節まで幅広く手術を行っており、難しい症例などは、患者さん第1と考え無理せず大学と相談し、診断、方針決定、手術などを行っております。特徴としては回復期リハビリ病棟があることから、急性期(手術など)から回復期(リハビリ)までの患者さんのいろいろなニーズに応えた一貫した治療が行えることが上げられます。また、先進機器を多数備えているため、他院で診断がつかなかった患者さんが多数来院されるケースが多いのも当センターの特徴です。
 リハビリテーションの必要な患者様に対しては、医師とリハビリテーション部とのタイムリーな連携体制のもと、荷重やADL拡大の時期が最短の指示系統で患者様に反映されるように運営してます。

 
 
センター制医師紹介
センター長   二之宮 謙一   (整形外科)
         
古賀病院21   合志 光平   (整形外科)
    牟田口 滋   (整形外科)
    山本 俊策   (整形外科)
    足達 永   (整形外科)
    原田 知   (整形外科)
 
  • ボランティア募集 |
  • 個人情報保護方針 |
  • 関連リンク |
  • サイトマップ |
  • 当サイトご利用にあたって

このページのトップへ

Copyright(C) 1999-2010. Tenjinkai.All rights.reserved.