集学がん治療センター

~高度がん医療の実践と充実した看護をめざして~

 
  がん医療は多臓器にわたり、治療法も多種多彩で極めて複雑です。がん医療に携わる医療従事者には基本的な知識以上に専門的な知識が要求されています。当センターは当院におけるがん治療の向上をめざす情報提供の場です。
 医師、看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師が共有すべき基本的ながんの病態や治療法についての知識と、実際に患者様の治療に係わる際に必要な知識を全員が習知することで、当院でのがん医療を更に高度に推進する事を目的としています。具体的には以下のような方針で運営しています。
 
1. 当院の医療従事者に対して
多くの医療従事者に、基本的ながんの病態を容易に理解できるシステムを構築する。

各臓器のがんの標準的治療法・成績・経過等の具体的な情報を提供する。例えば患者様のみでなく、自身や関係者ががんと診断された場合、どの様な治療法が適切なのかを理解できる情報。
治療に際して起こる事象、とくに副作用対策を習知する。
学会などに積極的に出席し専門的知識を持つ医療従事者を多く養成する。
   
2. 患者様やご家族に対して
患者様やご家族に病気の進行度にあった治療法をわかりやすく説明できるシステムを構築する。
メディカルソーシャルワーカーの介入により他院との連携をとり、当院での治療後の適切な看護や介護情報を提供する。
当院で行っている先端医療の情報を提供する など
 
 当院には極めて高精度の診断機器と治療機器があります。これらを利用して高度のがん診断と治療をおこなっています。
 具体的な治療法や方針は各専門医師にご相談下さい。
 当院では診療科の横のつながりを密にし、より多くの医療従事者ががん医療に必要な知識と技術を習得するように努力しています。
 
 
センター制医師紹介
センター長   大曲 淳一   (放射線科)
         
新古賀病院   吉岡 真実   (麻酔科)
    一ツ松 勤   (脳神経外科)
    高尾 貴史   (消化器外科)
    冨満 信二   (呼吸器外科)
 
  • ボランティア募集 |
  • 個人情報保護方針 |
  • 関連リンク |
  • サイトマップ |
  • 当サイトご利用にあたって

このページのトップへ

Copyright(C) 1999-2010. Tenjinkai.All rights.reserved.