腎・代謝・血液浄化センター

 当センターは腎機能不全の治療手段である血液透析療法を中心に構成しています。
 新古賀病院、古賀病院21、新古賀クリニック(外来透析)、の3病院にまたがり、腎臓内科では急性期・慢性期腎不全の血液透析療法、腹膜透析療法が中心になります。
慢性腎不全の基礎疾患中心を占める糖尿病・内分泌科、慢性腎不全の合併症の一つである副甲状腺機能亢進症の外科的対応、動静脈シャント路の作製、疾患に応じては、更に循環器内科、肝臓内科、整形外科と連携しています。経過中に悪性疾患が見つかれば消化器外科が加わります。すなわち血液透析療法を中心に、病状、病態に応じて患者中心の全人的医療を提供しています。

 
 
センター制医師紹介
新古賀病院   古賀 伸彦   (循環器内科)
         
古賀病院21   林 秀樹   (糖尿病・内分泌内科)
    小林 愛   (腎臓内科)
    松元 貴史   (腎臓内科)
    田尻 篤郎   (腎臓内科)
    中村 亜輝子   (腎臓内科)
       
新古賀クリニック   大坪 義彦   (循環器内科)
    吉戒 理香   (外科)
 
  • ボランティア募集 |
  • 個人情報保護方針 |
  • 関連リンク |
  • サイトマップ |
  • 当サイトご利用にあたって

このページのトップへ

Copyright(C) 1999-2010. Tenjinkai.All rights.reserved.