消化器病センター
 消化器病センターは、扱う疾患の多様性、構成医師数からしても、当院最大のセンターです。
 診療部門は消化管外科(胃、食道、十二指腸、結腸、直腸)、肝胆膵外科、内視鏡外科、消化器内科、肝臓内科の5部門に分類しています。
 久留米筑後地区はC型肝炎の患者様が多く、肝炎、肝硬変、肝細胞癌の診断と治療におきましては、内科外科一体となって取り組んでいます。
 また当センターでは、低侵襲診断治療を主なスローガンとして掲げています。
  最近では、逆流性食道炎や肥満の内視鏡治療など生体機能温存内視鏡治療も開始致しました。
 
 
センター制医師紹介
新古賀病院   高尾 貴史   (消化器外科)
  中村 弘毅   (消化器内科)
  長崎 嘉和   (消化器内科)
    宇治 祥隆   (消化器外科)
    佐保 博美   (消化器内科)
    佐竹 真明   (消化器内科)
    御厨 邦子   (消化器内科)
    馬場 活嘉    (消化器外科)
    新上 浩司   (消化器外科)
    内田 優介   (消化器内科)
    徳永 美喜   (消化器外科)
    北島 千恵子   (消化器外科)
         
古賀病院21   磯本 浩晴   (消化器外科)
    原 一生   (消化器内科)
    御厨 邦子   (消化器内科)
    酒井 拓   (消化器内科)
    池添 清彦   (消化器外科)
    小林 慶太   (消化器外科)
    奥村 憲二   (消化器外科)
    馬場 活嘉   (消化器外科)
    石見 雅人   (消化器外科)
         
新古賀クリニック   狐塚 絵美子   (消化器内科)
       
 
  • ボランティア募集 |
  • 個人情報保護方針 |
  • 関連リンク |
  • サイトマップ |
  • 当サイトご利用にあたって

このページのトップへ

Copyright(C) 1999-2010. Tenjinkai.All rights.reserved.