脳卒中脳神経センター
 1997年7月新古賀病院開院と同時に脳神経外科が新設され、徐々に久留米筑後地区での新古賀病院脳神経外科の役割が認識されています。
 現在は脳神経外科、脳血管内外科、ガンマナイフ部門、脳神経内科を統合した脳神経センターとして、脳卒中の専門的治療、ガンマナイフ治療をはじめ脳神経疾患全般の診療体制を整えています。特に脳神経外科手術に力を入れ、術中モニタリングを充実させ、安全かつ精度の高い手術を行い、患者様に満足のいく治療を提供すべく鋭意努力しております。
 久留米・筑後地区の地域医療に少しでもお役にたてたら幸いです。
 
 
特に力を入れている手術

脳卒中

 脳梗塞予防のための血行再建術(バイパス術
 頸動脈狭窄症に対する頸動脈内膜剥離術
 未破裂脳動脈瘤に対するクリッピング術
 くも膜下出血に対するクリッピング術
 脳動静脈奇形、脳出血など

脊椎脊髄疾患

 椎間板ヘルニア、頚椎症、靱帯骨化症、脊髄腫瘍など

脳腫瘍

 髄膜腫、下垂体腫瘍、聴神経腫瘍、グリオーマなど

機能的疾患

 顔面痙攣、三叉神経痛に対する神経血管減圧術

外傷

 慢性硬膜下血腫(一泊二日の入院で治療)など
 
 
センター制医師紹介
センター長   一ツ松   (脳神経外科)
新古賀病院   伊藤   (脳神経外科)
  石堂 哉   (脳神経外科)
  田中 俊也   (脳神経外科)
    渋谷 統壽   (脳神経内科)
         
古賀病院21   堀 智彦   (脳神経内科)
 
  • ボランティア募集 |
  • 個人情報保護方針 |
  • 関連リンク |
  • サイトマップ |
  • 当サイトご利用にあたって

このページのトップへ

Copyright(C) 1999-2010. Tenjinkai.All rights.reserved.