医療機器の紹介

ダ・ヴィンチ(内視鏡支援ロボット)

 当古賀病院21では内視鏡支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入し、2014年1月から前立腺がん手術を開始いたしました。 

  

ダ・ヴィンチとは 

 ダ・ヴィンチはロボットと言っても医師の代わりに手術を自動で行うのではなく、手術を行うのはあくまで医師です。ロボット本体とケーブルでつながった操作台に座った医師が、モニターに映し出される映像を見ながら、3本のアームと1本のカメラが付いたロボットを遠隔操作して手術を行います。

 ダ・ヴィンチは米国では1957台、ヨーロッパでは430台、アジアでは日本の105台を含めた220台が導入されており(2013年3月末現在)、これまでに全世界で約160万件もの手術に用いられています。  

ダ・ヴィンチ手術風景
 
 
 
ダ・ヴィンチの特長 
 正確な手術ができる
 

これまでの内視鏡手術では2次元画像を見て手術を行っていましたが、ダ・ヴィンチでは鮮明な3次元の立体画像を見ながら手術できます。
 
 

鉗子を装着した3本のアームは医師が自由に遠隔操作することができ、人間の手を超える可動域と手先の震えが伝わらない手ぶれ補正機能を備えています。
   
 体への負担が少ない
 

通常の内視鏡手術と同じく体に小さな穴を開けて行う手術ですので、切開時の痛みが少ない」「手術中の出血量が少ない」「手術後の回復が早い」などのメリットがあります。
 
 
 
当院でのダ・ヴィンチ手術 

 ダ・ヴィンチの手術では、2012年4月から前立腺がんの健康保険適応が認められていますので、当院ではまず前立腺がんの手術から開始しています。

 なお、米国での前立腺がん手術は、2011年には83%が内視鏡手術支援ロボットで行われています。

 
 
 
ダ・ヴィンチ手術をご希望の方へ 
 

TEL :

0942-38-3333(代表)  
  受付時間 : 月~土(祝日除く) 8:30~17:00  
 
 
  • ボランティア募集 |
  • 個人情報保護方針 |
  • 関連リンク |
  • サイトマップ |
  • 当サイトご利用にあたって

このページのトップへ

Copyright(C) 1999-2010. Tenjinkai.All rights.reserved.